スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブンデスリーガ21節:MVPはハンブルガーSVのソンがドッペルパックで現在9得点。

ブンデスリーガ21節(2013/2/9/-2/10)

キッカー誌採点のMVP及びベスト11です。

Spieler des Tages (MVP):ソン・フンミン/ハンブルガーSV

Kicker - Elf des Tages (ベスト11): 名前:今季選出回数(所属)

FW:Son: 2 (Hamburg), Kießling: 4 (Leverkusen)
MF:Schürrle: 3 (Leverkusen), van der Vaart: 1 (Hamburg), Robben: 1 (Bayern),
MF:Schweinsteiger: 4 (München)
DF:Alaba: 4 (Bayern), Klose: 5 (Nürnberg), Krmas: 3 (Freiburg), Lahm: 5 (Bayern)
GK:Trapp: 6 (Frankfurt)

「MVPとベスト11」

MVPはハンブルガーSVからソンフンミンが選出。ドルトムント相手に2得点。今季通算9得点目を記録した。U17からハンブルガーSVでプレーしている現在20歳の選手。昨年、一昨年と良いプレーヤーだなと思っていたが、昨シーズンは5点でFWとしてはまだまだ物足りない結果。しかし今年は残り13試合を残して9得点。10得点は間違いないと思うが、15点以上を狙える位置に来ていると思う。

他にはバイエルンからロッベン、シュバインシュタイガー、アラバ、ラームの4人が選出。対シャルケのこの試合は見ていたが、バイエルンの強さが際立つ試合となった。シュバインシュタイガーのFKも素晴らしかったし、アラバは相変わらず迫力のあるアタックを繰り出すし、ラームもいつも通りの安定感。ロッベンも久しぶりにスピード感溢れるドリブルを見せていた。ただ、ロッベンに関してはフィニッシュのキレ、ドリブルの怖さが良い時に比べるとどうしても落ちているように見える。対照的にリベリがあまりにも素晴らしいのも、そう見えてしまう原因なのか。この試合でもリベリのほうが採点上は高い評価を受けている。

「日本人プレーヤー」

酒井高徳(シュツットガルト)5.0、乾貴士(フランクフルト)4.0、清武弘嗣(ニュルンベルク)4.0、宇佐美貴史(ホッフェンハイム)4.0

酒井高徳は出だしの積極的な攻撃や守備面でも良かったと思うのだが、チームが1-4という結果で敗れてしまったので仕方のないところか。宇佐美は後半戦からスタメンの座を維持しているので、やはり得点が欲しい。

採点の対象が4人と小々寂しい結果となっている。長谷部、岡崎は先発で出るべき選手だと思うので、チーム状況や監督の考えもあるとはいえ、今後に期待したい。細貝はレバークーゼンという強豪において必要な選手というところまではチーム内のプレゼンスを高められていると思う。ボランチにはロルフェスという良い選手がいるので決して簡単ではないと思うがこちらも期待したい。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nohashi51

Author:nohashi51
大橋直輝:ドイツ・シュツットガルト在住。
2010/2011シーズンより仕事の都合でシュツットガルトへの移住をきっかけにVfBシュツットガルトのファンに。スタジアム内Cannstatter Kurveと呼ばれる席(ゴール裏2階席)から毎試合応援しております。欧州サッカー漬けの日々。
ツイッター:http://twitter.com/#!/nohashi

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FCカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
1510位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
サッカー
261位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。