スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

憧れの国立競技場

national stadion

この冬の一時帰国は国立競技場に行くことが多い。天皇杯の準決勝、決勝、そしておそらくインカレ決勝。そしてチャリティーマッチ。

中でも12月25日のCheer NIPPON!という企画のチャリティーマッチは特別だった。東北の被災地から多くの子ども達が招待されていたこの試合。招待された子ども達はなんとピッチサイドで観戦することが出来たのだ。そして牡鹿中学校の学生達を引率していた僕は同じくピッチサイドでの観戦を許された。

僕の小さい頃、重要な試合はいつも国立競技場で行われるていたように思う。天皇杯決勝、高校サッカー、トヨタカップ、日本代表の試合。

今は2002年のワールドカップを期に出来たスタジアムが国立競技場の代わりを担うこともあるが、それでも憧れのスタジアムであることには変わりはないのである。

牡鹿の子ども達もとても感激していたが、僕も同様に感激していたのである。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nohashi51

Author:nohashi51
大橋直輝:ドイツ・シュツットガルト在住。
2010/2011シーズンより仕事の都合でシュツットガルトへの移住をきっかけにVfBシュツットガルトのファンに。スタジアム内Cannstatter Kurveと呼ばれる席(ゴール裏2階席)から毎試合応援しております。欧州サッカー漬けの日々。
ツイッター:http://twitter.com/#!/nohashi

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FCカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
2858位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
サッカー
465位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。