スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブンデスリーガ13節:バイエルン勢から4名選出。リベリーは5度目のベスト11。

ブンデスリーガ13節(2012/11/23/-11/25)

キッカー誌採点のMVP及びベスト11です。

Spieler des Tages (MVP):トニ・クロース/バイエルンミュンヘン

Kicker - Elf des Tages (ベスト11): 名前:今季選出回数(所属)

FW:Lewandowski: 3 (Dortmund)
MF : Ribery: 5 (München), Kroos: 3(München), Hunt: 3 (Bremen)
MF:Bender: 1 (Dortmund), Javi Martinez: 1 (München)
DF:Schemlzer: 2 (Kjaer): 3 (Wolfsburg), Dante: 2 (München), Swensson: 1 (Mainz)
GK:Leno: 2 (Leverkusen)

「MVPとベスト11」

今節はハノーファーに5−0と大勝したバイエルンミュンヘンからMVPがトニクロース。ベスト11がトニクロースを含む4人。リベリーの今季5度目の選出と相変わらずの好調。朗報はグスタボを怪我で欠いたボランチの位置に今季から加入したハビマルティネスが活躍を見せたことでしょう。

またベスト11こそなりませんが、ゴメスが途中出場でのゴール。マンジュキッチ、ゴメス、ピサロと豪華なFW陣。この3人で今季何得点をあげるのでしょうか。

「日本人の採点」
細貝萌(レバークーゼン)4.5、酒井高徳(シュツットガルト)4.5、岡崎慎司(シュツットガルト)5.0、清武弘嗣(ニュルンベルク)5.0、長谷部誠(ヴォルフスブルク)3.5、乾貴士(フランクフルト)3.0、内田篤人(シャルケ)3.5

今節はそれぞれ辛い採点が多かったようです。まず勝利したのが細貝所属のレバークーゼンのみ。その細貝もCBのトプラックの4.0と並んで厳しい評価。

ELで活躍したVfBの岡崎(ELで1.5)、酒井(ELで2.0)の二人もフライブルクの前に3−0で敗れたためこれまた厳しい評価。

一方、乾はまたコンスタントに良い評価を得るようになってきたように感じています。フランクフルトもシーズン通して今の良い状態をキープするのは決して簡単ではないですが、CL、EL圏内を獲得して来季、乾にもヨーロッパの舞台でデビューして欲しいです。そのためには今季、ひとつひとつの試合で良いパフォーマンスを見せ続けて欲しいですね。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nohashi51

Author:nohashi51
大橋直輝:ドイツ・シュツットガルト在住。
2010/2011シーズンより仕事の都合でシュツットガルトへの移住をきっかけにVfBシュツットガルトのファンに。スタジアム内Cannstatter Kurveと呼ばれる席(ゴール裏2階席)から毎試合応援しております。欧州サッカー漬けの日々。
ツイッター:http://twitter.com/#!/nohashi

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FCカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
2858位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
サッカー
465位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。