スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブンデスリーガ6節:ドルトムントからマルコロイスがMVP、4人のベスト11選出

ブンデスリーガ6節(2012/9/28/-9/30)

キッカー誌採点のMVP及びベスト11です。

Spieler des Tages (MVP):マルコロイス/ボルシアドルトムント

Kicker - Elf des Tages (ベスト11): 名前:今季選出回数(所属)

FW:Ibisevic: 1 (Stuttgart), Schahin: 2 (Düsseldorf)
MF : Reus: 2 (Dortmund), Meier: 2 (Frankfurt), Sam: 1 (Leverkusen), Blaszczykowski: 1 (Dortmund)
MF:Gündogan: 1 (Dortmund)
DF:Klose: 3 (Nürnberg), Noveski: 1 (Mainz), Subotic: 1 (Dortmund)
GK:Adler: 2 (Hamburg)

「MVPとベスト11」

ドルトムントのマルコロイスが古巣のメンヒェングラッドバッハを相手に2ゴールを奪いMVPに選出。またチームも5−0で勝ちベスト11にロイス、ブワシュチコフスキ、ギュンドアン、スボティッチの4名が選ばれた。

2年連続王者のドルトムントが出遅れていて6節終了時でバイエルンミュンヘンに勝ち点を7つ離されて3位。しかし昨年もバイエルンミュンヘンがこの時期独走状態で優勝はバイエルンしかあり得ないと思っていたところ。シュバインシュタイガーの怪我からずるずると崩れてしまったことを考えると今季も何が起こるか分かりません。

今後CL、ポカール、代表戦など過密日程になって来ますから、まずは下位に勝ち点を取りこぼさないことが重要でしょう。

「日本人の採点」

1部:乾貴士(フランクフルト)3.5、清武弘嗣(ニュルンベルク)4.5、宇佐美貴史(ホッフェンハイム)3.5、酒井高徳(VfBシュツットガルト)4.0

前節は7人が採点対象でしたが今節は4人。昨シーズンは1部でプレーしていなかった乾、清武、出場機会の無かった宇佐美が採点対象の常連にいて、他の選手が苦戦しているのを見ると活躍し続けるのがいかに難しいかを感じますね。酒井高徳は昨シーズンに引き続きスタメンの座を確保していますが、まだまだチームの調子とともに自身の調子も上がらないところ。徐々に徐々に調子を上げて、ベスト11並みの活躍を期待したいですね!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nohashi51

Author:nohashi51
大橋直輝:ドイツ・シュツットガルト在住。
2010/2011シーズンより仕事の都合でシュツットガルトへの移住をきっかけにVfBシュツットガルトのファンに。スタジアム内Cannstatter Kurveと呼ばれる席(ゴール裏2階席)から毎試合応援しております。欧州サッカー漬けの日々。
ツイッター:http://twitter.com/#!/nohashi

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FCカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
2858位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
サッカー
465位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。