スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブンデスリーガ5節:乾1ゴール1アシストも2.5と辛めの評価でベスト11ならず。

ブンデスリーガ5節(2012/9/25/-9/26)

キッカー誌採点のMVP及びベスト11です。

Spieler des Tages (MVP):バスティアン・シュバインシュタイガー/バイエルンミュンヘン

Kicker - Elf des Tages (ベスト11): 名前:今季選出回数(所属)

FW:Ya Konan: 1 (Hannover), Mandzukic: 2 (Bayern)
MF:Hustzi: 3 (Hannover), Götze: 1 (Dortmund)
MF:Schweinsteiger: 2 (Bayern), Schwegler: 2 (Frankfurt)
DF:van den Bergh: 1 (Düsseldorf), Dante: 1 (Bayern), Höwedes: 1 (Schalke), Lahm: 3 (Bayern)
GK:Benaglio: 2 (Wolfsburg)

「MVPとベスト11」

MVPはシュバインシュタイガー。今季2度目のベスト11ですから調子も良いのでしょう。実はバイエルンの試合を最近見ておらず、3回連続でベスト11に選出されているラームも見れていません。次節は対ブレーメン。確認したいですね。しかし3失点したヴォルフスブルクからベスト11に選ばれたGKベナーリオ。3失点もした、というより3失点で済んだ、という内容だったということかもしれません。

タイトルの通りドルトムントに大善戦し、その中で1ゴール1アシストした乾がベスト11に選ばれることは間違いないだろうと思っていましたが、同ポジションのフスティも大活躍(今季3度目のベスト11)。選出となりませんでした。この試合の乾に関しては守備に関しても素晴らしく、この点など昨シーズンのボーフム時代からの変化も含めてまた改めて書きたいと思います。

「日本人の採点」

1部:乾貴士(フランクフルト)2.5、清武弘嗣(ニュルンベルク)3.5、宇佐美貴史(ホッフェンハイム)2.0、岡崎慎司(VfBシュツットガルト)4.5、酒井高徳(VfBシュツットガルト)4.5、細貝萌(レバークーゼン)3.5、内田篤人(シャルケ)3.5

日本人選手が今節は7人出場。シュツットガルト戦で見事なドリブルシュートを決めた宇佐美が2.0で高評価。乾は上述の通り思ったよりも採点が辛く2.5。

細貝萌がライナーツが怪我をしたため途中出場しました。相手は昨シーズン大活躍したアウクスブルクで慣れたピッチ。まずまずの評価を得て、次節もライナーツの怪我のためスタメンで出場予想が出ています。頑張って欲しいですね。

シュツットガルトの岡崎、酒井は0−3の敗戦で内容も悪かったため仕方の無い採点。個人の採点も気になりますが、VfBの場合チームの建て直しが急務であることは間違いありません。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nohashi51

Author:nohashi51
大橋直輝:ドイツ・シュツットガルト在住。
2010/2011シーズンより仕事の都合でシュツットガルトへの移住をきっかけにVfBシュツットガルトのファンに。スタジアム内Cannstatter Kurveと呼ばれる席(ゴール裏2階席)から毎試合応援しております。欧州サッカー漬けの日々。
ツイッター:http://twitter.com/#!/nohashi

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FCカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
2858位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
サッカー
465位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。