スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブンデスリーガ4節:MVP及びベスト11 フランクフルトの乾が1.5の高評価で初のベスト11選出

ブンデスリーガ4節(2012/9/21/-9/23)

キッカー誌採点のMVP及びベスト11です。

Spieler des Tages (MVP):セバスチャン・ローデ/アイントラハト・フランクフルト

Kicker - Elf des Tages (ベスト11): 名前:今季選出回数(所属)

FW:Hoffer: 1 (Frankfurt)
MF:Inui: 1 (Frankfurt), Kroos: 1 (Bayern), Son: 1 (Hamburg)
MF:Schweinsteiger: 1 (Bayern), Rode: 2 (Frankfurt)
DF:Johnson: 1 (Hoffenheim), Westermann: 1 (Hamburg), Klose: 2 (Nürnberg), Lahm: 2 (Bayern)
GK:Adler: 2 (Hamburg)

「MVPとベスト11」

MVPは4連勝のフランクフルトからセバスチャンローデ。21歳ながらフランクフルトの中盤をしっかり支えていますね。

そして乾も2試合連続ゴールで今季初(ブンデス1部初)のベスト11選出。3節同様左サイドからインサイドに切り込みペナルティーエリア外から低い弾道のシュートを右サイドに突き刺しました。もちろん3節とはシュートの性質は違いますが、あの位置から得点出来るのは非常に大きいですね。今季10得点以上を期待してしまいます。

ドルトムントを破ったハンブルガーSVからは攻守の立役者、ソンとベスターマンが選出。

「日本人プレーヤー」

1部:乾貴士(フランクフルト)1.5、清武弘嗣(ニュルンベルク)3.0、宇佐美貴史(ホッフェンハイム)3.0、岡崎慎司(VfBシュツットガルト)4.5、酒井高徳(VfBシュツットガルト)3.0

乾は上述の通り文句無しですね。対戦したニュルンベルクの清武ですが、ニュルンベルクのサッカーがどうしても彼の頭を超えていってしまうことが多い。清武に収まればアイデアのパスをどんどんと出していきますから、もう少し清武にボールを付けていくことを考え、また清武も練習からどんどんアピールしていって欲しいですね。

宇佐美はスタジアム観戦しましたが、ボールを受けたときの動きと、ボールを受ける前の、またはボールが無い時の動きの差が非常に大きく感じました。受ければ何かを起こしそうだけど、受けることが出来ないと足を止めてしまうシーンがやはり目立ちます。受けることが出来なければ動き変えて次のタイミングを狙う、など工夫をしていく必要があるでしょう。

VfBシュツットガルトは4−4−2の布陣。岡崎慎司はシャドー的な位置での出場。シュート数は3本とチーム一番ですし、スプリント、ランなども81分の交代としてはチーム2番目。キッカーからは辛い評価を貰いましたが、僕は岡崎慎司のキレが先日のELで見た時チーム一番ぐらいのキレだったので、次節以降も期待したいと思います。

酒井高徳はチーム位置の走行距離、またボールタッチも昨シーズン同様上位に入ってきました。評価は3.0と平均ですが、徐々にコンディションを上げて来ていると言えるのではないでしょうか。酒井高徳はトップフォームにさえ戻すことが出来れば、昨シーズン同様、またそれ以上の活躍は間違いないと思っています。試合数をこなし試合勘が戻ったときがその時でしょう。楽しみです。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nohashi51

Author:nohashi51
大橋直輝:ドイツ・シュツットガルト在住。
2010/2011シーズンより仕事の都合でシュツットガルトへの移住をきっかけにVfBシュツットガルトのファンに。スタジアム内Cannstatter Kurveと呼ばれる席(ゴール裏2階席)から毎試合応援しております。欧州サッカー漬けの日々。
ツイッター:http://twitter.com/#!/nohashi

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FCカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
2858位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
サッカー
465位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。