スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブンデスリーガ2節:MVP及びベスト11 好調ハノーファーから3名選出。内田篤人の採点が少々厳しいのではないか。

ブンデスリーガ1節(2012/8/31/-9/2)

キッカー誌採点のMVP及びベスト11です。

Spieler des Tages (MVP):サボルチュ・フスティ/ハノーファー96

Kicker - Elf des Tages (ベスト11): 名前:今季選出回数(所属)

FW:Sobiech: 1 (Hannover),
MF:Huszti: 1 (Hannover), Meier: 1 (Frankfurt), Müller: 1 (Bayern)
MF:Gustavo: 1 (Bayern), Schwegler: 1 (Frankfurt),
DF:Oczipka: 2 (Frankfurt), Haggui: 1 (Hannover), Papadopoulos: 1 (Schalke), Carvajal: 1 (Leverkusen)
GK:Adler: 1 (Hamburger SV)

「MVPとベスト11」

ベスト11はハノーファーよりフスティ。ハノーファーはヴォルフスブルクを4−0で下しましたがその全てをアシストしたのがフスティ。フスティも素晴らしいですが、ハノーファーがチームとして非常に良い状態のように見えます。今節もハノーファーからフスティを含む3名がベスト11。スロムカ監督何をどう変えてきたのか、昨年から継続していることが実を結び出したのか、EL、リーグ戦と好調が続いています。

続いて好調なのがアイントラハト・フランクフルト。こちらもホッフェンハイムを4-0で下し3名がベスト11に選出。ベスト11にこそ選ばれませんでしたが左サイドハーフで出場している乾貴士もフランクフルトの攻撃にアクセントをつけていますね。今後も活躍が期待できそうです。

他にはシュツットガルトを6-1で下したバイエルンから2名の選出。それにしてもグスタボのミドル、いやロングシュートは素晴らしかったです。

「日本人の採点」

1部:内田篤人(シャルケ)5.0、乾貴士(フランクフルト)2.5、清武弘嗣(ニュルンベルク)3.0、宇佐美貴史(ホッフェンハイム)4.5、岡崎慎司(シュツットガルト)5.0、酒井高徳(シュツットガルト)5.0
2部:田坂祐介(ボーフム)3.0

好調のニュルンベルクの清武、フランクフルトの乾は納得の採点でしょう。岡崎慎司、酒井高徳も彼ら自身がインタビューで試合を壊してしまったと表現した通り直接失点につながるミスを犯してしまったためこの採点も妥当と言えるでしょう。

驚きは内田篤人の採点でした。チームが3−1の勝利。何度か危険なミスをしてしまったようですが、勝利したチームで5はなかなか厳しい採点。僕が勝ったチームのDFで5点を目にした場合、直接失点に絡む致命的なミスを犯したか、イージーミスを連発したかのどちらか。

例えば、今節、岡崎慎司、酒井高徳の場合対バイエルン戦でボールロストしたところから失点に結びついてしまいました。これは上述の通り妥当であり仕方がないところもありますが、内田の場合は失点に絡んだわけではなさそうですので考えられるとしたら後者でしょうか。キッカーの採点も毎週のように読んでいると大体想像がつくようになってきますが、今回は予想外の採点でした。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nohashi51

Author:nohashi51
大橋直輝:ドイツ・シュツットガルト在住。
2010/2011シーズンより仕事の都合でシュツットガルトへの移住をきっかけにVfBシュツットガルトのファンに。スタジアム内Cannstatter Kurveと呼ばれる席(ゴール裏2階席)から毎試合応援しております。欧州サッカー漬けの日々。
ツイッター:http://twitter.com/#!/nohashi

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FCカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
2858位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
サッカー
465位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。