スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブンデスリーガ1節:MVP及びベスト11。デュッセフドルフからシャヒンがMVP。シャヒン?ということでちょっと調べました。

ブンデスリーガ1節(2012/8/24-26)

キッカー誌採点のMVP及びベスト11です。

Spieler des Tages (MVP):ダニ・シャヒン/フォルトナデュッセルドルフ

Kicker - Elf des Tages (ベスト11): 名前:今季選出回数(所属)

FW:Schahin: 1 (Düsseldorf),
MF:Arango: 1 (M.Gladbach), Reus: 1 (Dortmund), Holtby: 1 (Schalke)
MF:Kehl: 1 (Dortmund), Rode: 1 (Frankfurt),
DF:Oczipka: 1 (Frankfurt), Pogatetz: 1 (Wolfsburg), Naldo: 1 (Wolfsburg), Jung: 1 (Frankfurt)
GK:Benaglio: 1 (Wolfsburg)

「MVPとベスト11」

ベスト11は今季から1部のフォルトナデュッセルドルフよりダニ・シャヒン。正直初めて聞く名前です。フルトからの移籍でドイツU23代表。187cmの大型FWですね。レバノン人の父、ロシア人の母を持ちウクライナのドネツクで1989年に生まれ、1996年に移民としてドイツにやってきました。ハンブルグの2軍、フルトの2軍、フルトのトップチーム(途中ディナモドレスデンへのレンタルを挟む)を経て今季よりフォルトナデュッセルドルフにやってきました。

1節では先発出場でなくジョーカーとして60分より出場で2ゴール。ドッペルパックというやつですね。試合を見ていないのですが、3節にVfBシュツットガルト対デュッセルドルフがありますのでそこで見る事になるでしょう。

ベスト11はVfBシュツットガルトに1−0で勝利したヴォルフスブルクからCB2人とGKが1人の計3人。レバークーゼンを破ったフランクフルトからも守備的なポジションから3人選出です。

ヴォルフスブルクのナルド、ポガテッツは強さがあるなという印象でした。

「日本人の採点」

1部:内田篤人(シャルケ)3.0、乾貴士(フランクフルト)2.5、清武弘嗣(ニュルンベルク)2.5
2部:田坂祐介(ボーフム)4.0

勝利に貢献した乾、清武は上々の評価を得ましたね。乾はチームでシュート最多の6本、清武は走行距離がチーム最長。数字の面にも現れていますが、乾はらしいボールさばきで中盤に時間を作っていました。ニュルンベルクはまだ見れていませんが、再放送の機会があれば確認したいですね。

VfBシュツットガルトの岡崎慎司、酒井高徳、グラッドバッハの大津、レバークーゼンの細貝、ハノーファーの酒井宏樹は出場機会なし。宇佐美は途中出場も評価対象ではありませんでした。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nohashi51

Author:nohashi51
大橋直輝:ドイツ・シュツットガルト在住。
2010/2011シーズンより仕事の都合でシュツットガルトへの移住をきっかけにVfBシュツットガルトのファンに。スタジアム内Cannstatter Kurveと呼ばれる席(ゴール裏2階席)から毎試合応援しております。欧州サッカー漬けの日々。
ツイッター:http://twitter.com/#!/nohashi

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FCカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
2858位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
サッカー
465位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。