スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

開幕黒星スタート:VfBシュツットガルト1節振り返り 対ヴォルフスブルク

1893

2012/2013シーズンがスタートしました。試合前、開幕の雰囲気はやはり特別。祭りですね。しかし結果は0-1の黒星スタート。ちょっと重苦しい雰囲気のスタートとなりましたが長いシーズンまだまだこれから、ということで振り返りたいと思います。

日時:8月25日(土)20:45 メルセデスベンツアレナ(シュツットガルト) 
結果:VfBシュツットガルト 0−1 VfLヴォルフスブルク
得点者:
ヴォルフスブルク:ドスト 90min

「ほとんど形を作れなかった」

先日のEL戦で先発した岡崎慎司に変わって、トラオレが先発。確かにELでは岡崎に代わって入ったトラオレが試合を決める活躍。ラバディア監督がこの試合で活躍したトラオレを選んだ、という事だと思います。

ELの時にも思ったことですが、ボランチの二人に展開力を期待できないということです。

クヴィーストは守備が良いですし、ゲントナーはもう少し高いポジションでプレーすれば試合を決めるようなシュートを持っていますし良い選手ですが、ゲームを作るということに関しては少々物足りない。クズマノビッチが入ったときには長いボールが入るのでもう少し形は作れると思っています。

又、ディフェンスラインからのビルドアップという事で言えば、決定的に違うのはやはり酒井高徳がいないことでしょう。

昨シーズン、決して大げさではなく、酒井高徳が入ってからサッカーが変わりました。酒井はパスを出す際に少しずらして出すことができる。ずらすとはタイミングだったり守備者の重心だったり、微妙なところですがこれが出来るとボールの受けてに時間が出来る。そして酒井自身も大きな縦、そしてディアゴナルの動きを繰り返しますから、チーム全体に動きが生まれます。

ということで攻めの形を見出せないままに時間が過ぎていきました。

「PK失敗と失点」

このまま終わってしまうか、と思っていたところでVfBがPKを獲得。これをイビセビッチが失敗。ヴォルフスブルクのGKベナーリオが一旦弾いてイビセビッチの目の前にボールが転がってきましたが、なんとこれも外してしまう。信じ難い光景でしたが、カカウがイビセビッチを励まし、次だ、というジェスチャーを見せていたのが救いでしょうか。

直後、左サイドから上がったクロスボール。中の枚数は揃っていたものの右SBのホークランドがタスキがマークしていた目の前の選手に向って競り合いにいってしまい、本来ホークランドがマークすべきドストを完全にフリーにしてしまいました。ホークランドは守備に関してはかなり手堅くやっていたので、最後のところで残念なミスでした。

この時点で90分。アディッショナルタイムにハーニックにチャンスが訪れたものの決め切れずそのまま0−1で負け。

どちらが良かった、というよりもVfBもヴォルフスブルクもパッとしなかったものの最後にチャンスを逃し、致命的なミスでVfBが勝ち点3を献上した、という印象です。

「敗戦の中にも見えた光明」

ゲームに負け、全体的にもあまり良い形を作れないながらも、良かったと思える点が二つありました。

ひとつは後半に相手陣内に侵入する時間帯がぐっと増えてきたこと。ヴォルフスブルクの運動量が落ちたのも確かですが、それよりもVfBの運動量が落ちなかった、と僕は考えています。シーズン前にかなり走り込んだので、それの効果かなと思っています。

結局、シーズンを長い目で見れば相手に走り勝てるチームが勝つ。ドルトムントは典型で2人目、3人目がボールホルダーを追い越していく。加えて高い技術を持った選手が多いですから強いわけです。

VfBに関してはドルトムントほど技巧派が揃っているわけではありませんが、続けていれば必ず結果はついてくると思います。

もう1点は途中出場のカカウの動きが良かったこと。昨シーズンは途中からキャプテンの座を譲り、スタメンもはずれ、出場すると結果を出そうと力み過ぎてかどうも空回りしている印象でした。しかしこの日は簡単にボールロストすることなく長所である積極的なシュート姿勢を見せていました。

やはりシュートを打たないと始まらない。先日のELに引き続き改めてそう感じました。

「岡崎慎司と酒井高徳」

岡崎慎司はこの日ベンチ入りするも出番はなし。酒井高徳はベンチ外でした。残念ながら二人の日本人プレーヤーは試合出場なりませんでした。

酒井高徳については五輪、A代表とチームを離れていた4週間が響いているようですが、これは時間が解決すると思います。上述したように、酒井高徳がいるといないとではサッカーが変わります。早い段階でのスタメン復帰を望みます。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nohashi51

Author:nohashi51
大橋直輝:ドイツ・シュツットガルト在住。
2010/2011シーズンより仕事の都合でシュツットガルトへの移住をきっかけにVfBシュツットガルトのファンに。スタジアム内Cannstatter Kurveと呼ばれる席(ゴール裏2階席)から毎試合応援しております。欧州サッカー漬けの日々。
ツイッター:http://twitter.com/#!/nohashi

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FCカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
2858位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
サッカー
465位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。