スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チェルシー優勝おめでとう!おおはしゃぎのチェルシー選手、関係者、そしてファン。

CLのチェルシー優勝は10日ほど前。この一週間はトゥーロン国際に行ったり、今後のユーロ選手権の特集記事などを多くみかけるようになり、既に遠い昔のことのような感覚です。が、敢えてここでもう一度試合後のおおはしゃぎチェルス達を。(試合内容についてはこちら。「CL決勝戦振り返り 2012 ミュンヘン: バイエルンミュンヘン vs チェルシーFC」

pk

試合は延長後半、万事休すと思われたバイエルンミュンヘン、ロッベンのPKをチェフが見事にストップ。そのままPK戦へ。

5

PK戦の末、勝利を手にしたのはチェルシー。このPK戦の是非(チャンピオンを決めるのに今の形のPK合戦で良いのか、など)についても色々議論があるようですがここでは割愛。

2

最後のキッカードログバの元に集まる選手達。後にドログバはこのゲームがチェルシーでの最後のゲームとなったことを公表するわけですが。。。

1

しばらくは監督、スタッフ、チームメート同士で歓喜の瞬間を共有していたのでしょう。選手によっては敗者であるバイエルンミュンヘンの選手のところにいって健闘を讃えあい、肩を落とす選手に一声かける選手も沢山いました。

3

そして準優勝のバイエルンがメダルを授与した後、いよいよチェルシーの選手達ががビッグイアーを受け取るべく階段を。チャンピオンズロードとでも呼びましょうか。

5

そして、全員揃ったところでビッグイアーを天に向かって掲げます。やはりここがテンションマックスの瞬間でしょう。素晴らしいシーンです。

7

その後はピッチに降りて来てファンの前でおおはしゃぎ。
みんな揃うまで待ち切れなかったボジングワがひとりビッグイアーを持ち逃げ?wして、コーナー付近までダッシュ。

4

追いついた選手達とそれを撮るカメラマン。興奮するファンとでカオス状態。

1

そして再びエッシェンがビッグイアーを持って逃げる、逃げる。

2

結局、誰も追いつけず(笑

8

追いついた選手はまたファンの前でしばらく歌を歌い、踊り、そして歌い。欧州一番ですよ。欧州リーグの水準を考慮すると考え方によっては世界一と言う捉え方もできるかもしれません。そりゃおおはしゃぎしますよ。

その後はしばらく余韻に浸るチェルシーの皆さんでした。

おまけ:
試合前、試合後とチェルシーファンの大合唱する「The Liquidator 」(音が出るのでご注意を)は陽気な感じで最高でした。
スポンサーサイト
プロフィール

nohashi51

Author:nohashi51
大橋直輝:ドイツ・シュツットガルト在住。
2010/2011シーズンより仕事の都合でシュツットガルトへの移住をきっかけにVfBシュツットガルトのファンに。スタジアム内Cannstatter Kurveと呼ばれる席(ゴール裏2階席)から毎試合応援しております。欧州サッカー漬けの日々。
ツイッター:http://twitter.com/#!/nohashi

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FCカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
1510位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
サッカー
261位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。