スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブンデスリーガ23節:MVP及びベスト11。得点ランクに岡崎慎司が入ってきた。

2&31

ブンデスリーガ23節(2012/2/24〜2/26)

キッカー誌採点のMVP及びベスト11です。

Spieler des Tages (MVP):フランク・リベリー/バイエルンミュンヘン

Kicker - Elf des Tages (ベスト11): 名前:今季選出回数(所属)

FW:Lewandowski: 6 (Dortmund), Oehrl: 1 (Augsburg)
MF:Riebery: 7 (Bayern), Zidan: 2 (Mainz), Harnik: 3 (Stuttgart)
MF:Bender: 3 (Leverkusen)
DF:Zabavnik: 1 (Mainz), Wollscheid: 4 (Nürnberg), Boulahrouz: 3 (Stuttgart), Piszczek: 3 (Dortmund)
GK:Starke: 3 (Hoffenheim)

「MVPとベスト11」

MVPはバイエルンミュンヘンからシャルケ相手に2ゴールを決めたリベリーが選出。得点も10点と二桁に乗せた。

ベスト11はシュツットガルトから右サイドのハーニックとブラルーズが選出。ハーニックは2得点で得点を13点に伸ばす活躍。1点目は酒井高徳からのロングフィードをワントラップで左に運びそのままゴール。2点目はハイナルからのグランダーを流し込んでゴール。また岡崎慎司へのアシストも記録。見事でした。フリーの状態でいた岡崎慎司にパスを出せば、、というシーンも何度かありましたがそこはFW、やはり打つという選択肢を取りますね。

「日本人の採点」

1部:細貝萌(アウクスブルク)3.0、岡崎慎司(シュツットガルト)3.0、酒井高徳(シュツットガルト)3.0、香川真司(ドルトムント)2.5、チョンテセ(ケルン)4.0
2部:乾貴史(ボーフム)4.0
*チョンテセは日本国籍ではありませんが掲載

香川真司が当初発表されていた予定よりも早い復帰。数々のチャンスメークの活躍。流石、ですね。

岡崎慎司と酒井高徳の採点に関しては及第点の3.0ですが、及第点以上の活躍を見せたと思います。

「得点ランキング」

18点 ゴメス(バイエルンミュンヘン)
18点 フンテラール(シャルケ)
16点 レバンドスキ(ドルトムント)
15点 ピサロ(ブレーメン)
15点 ポドルスキ(ケルン)

13点 ハーニック(シュツットガルト)

7点 香川真司(ドルトムント)
7点 岡崎慎司(シュツットガルト)

レバンドスキが2得点で上位2人の得点王争いに加わってきました。実はPKを除くとレバンドスキがトップ。

そして日本人がキッカーの得点ランクリストに2人ランクイン。岡崎慎司もいよいよ二桁得点が見えてきました。香川真司も素晴らしいゴールゲッターですが、岡崎慎司は日本代表のストライカーの意地で是非とも香川を抜いて欲しいところ。またトップ10も是非狙って欲しいですね。
スポンサーサイト
プロフィール

nohashi51

Author:nohashi51
大橋直輝:ドイツ・シュツットガルト在住。
2010/2011シーズンより仕事の都合でシュツットガルトへの移住をきっかけにVfBシュツットガルトのファンに。スタジアム内Cannstatter Kurveと呼ばれる席(ゴール裏2階席)から毎試合応援しております。欧州サッカー漬けの日々。
ツイッター:http://twitter.com/#!/nohashi

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FCカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
1510位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
サッカー
261位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。