スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「フットボールサミット 内田篤人が愛される理由。」から読み取れる「強い」選手、内田篤人。


フットボールサミット第10回 内田篤人が愛される理由。フットボールサミット第10回 内田篤人が愛される理由。
(2012/12/21)
『フットボールサミット』議会

商品詳細を見る


ドイツに戻る前はいつも成田空港で気になる本を可能な限り買い込む。

「フットボールサミット」という雑誌に目が留った。正確に言うと、爽やかの内田篤人の顔に目が留った。

タイトルそのままの内田篤人特集だ。内田篤人の特集と言ってもサッカーとはまるで関係ない話が展開されているよう(主にファッション誌ではあるが)では僕が買う理由は無い。この特集に関してはしっかりサッカーについて語られていること、また内田篤人自身が語るのではなく内田篤人を知る人達が彼を語るが興味深く、買わない理由は無い。

清水東高校時代から各年代の代表に選出され、鹿島アントラーズでは高卒ルーキーイヤーからレギュラーとして出場、Jリーグ3連覇に貢献、日本代表は50キャップを超え、ドイツの強豪シャルケ04に移籍初年度にはCLベスト4、ポカール優勝。度々レギュラーから外されるものの、その度ごとにポジションを奪い返してきた。

24歳にして見事な経歴だ。

さて、本雑誌内ではこの見事な経歴のそれぞれの時代に関わってきた監督、選手、例えば、鹿島時代のアウトゥオーリ監督、オリヴェイラ監督、同僚、代表のチームメートらが内田について語る。

内田篤人を評する監督、選手達は内田の技術面でのストロングポイントとして上げるのは、スピードであったり、縦へのボールの入れ方、攻守のアップダウンとタイミング、とそれぞれの見方が異なる。人によっては特筆するストロングポイントは無いが、、という者さえいる。

しかし、これら技術面の前置きのあと、共通して述べられるのが内田の頭の良さ(振る舞い、戦術理解、判断など)とハートの強さであるのが興味深い。

また、アウトゥオーリは素直さという側面も評価している。アスリートは強い表に出すか出さないかはともかく自己主張を持ち合わせていると思うが、トップアスリートと言われるような人達は同時に人の意見に耳を傾けられる素直さを持ち合わせているように思う。

当時のアウトゥオーリ監督が内田篤人はプロとしては足りない部分はあるが(高卒ルーキーだから当たり前だ)実戦で鍛えていくという決断をしたのも素晴らしいかった。その英断に至るには、内田の能力はもちろんだが、素直さは無関係ではないだろう。

余談だが、VfBシュツットガルトのラバディア監督も酒井高徳に対してそういったスタンスを取っているように見えるし、酒井も見事に期待に応えているが、彼にも同様な資質(自分のアイデアを持つことと同時に話を聞ける素直さ)が見て取れる。

話戻って、ハートの強さという部分はやはり見逃せない。悩みが無いことがハートの強さではなくて、悩みや辛いことがあってもそこから逃げずに向き合い咀嚼し克服、または付き合っていくのがハートの強さでありトップレベルでプレーし続ける重要な能力だと思う。記事を読んでいくと、内田はその能力を先天的に持ち合わせていそうである。

若いうちから活躍している選手は技術や能力はもちろんだが、総じて、内田が評価されているような理解度やハートの強さが際立っていると思う。結局、先天的にしろ後天的にしろその部分が無いと長く活躍するのは難しいのだろう。

ドイツではサッカー選手やプレーを評する時に「上手い」か否かではなく、「強い」か否かで表現される。もちろん強さの中には技術的な上手さも内包されていると思うが、技術の高さ、身体的強さと精神的な強さを切り離して考えるようなことはしていないように思う。

別の表現をすれば「闘える」のかそうでないのか。

内田篤人は間違いなく「強く」て「闘える」選手だ。

スポンサーサイト
プロフィール

nohashi51

Author:nohashi51
大橋直輝:ドイツ・シュツットガルト在住。
2010/2011シーズンより仕事の都合でシュツットガルトへの移住をきっかけにVfBシュツットガルトのファンに。スタジアム内Cannstatter Kurveと呼ばれる席(ゴール裏2階席)から毎試合応援しております。欧州サッカー漬けの日々。
ツイッター:http://twitter.com/#!/nohashi

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FCカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
1510位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
サッカー
261位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。