スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乾貴士。覚醒した守備の実効力。

frankfurt

今季からアイントラハト・フランクフルトに移籍した乾貴士。乾のアタックはドイツのメディアがよく使う表現の「魔法をかける」の通り高い技術と意表を突くプレーでフランクフルトのファンを魅了している。フランクフルト自体も技術の高い選手が多く運動量が豊富な選手が多く、ボールホルダーをどんどん追い越していく魅力的なサッカーを繰り出し、乾もそのサッカーに見事にハマったと言えると思う。

僕も乾のボールタッチ、シュートに魅了されているが、同時に、今僕が感銘を受けるのはその守備だ。

昨季のボーフムでも7ゴールを記録しゴールへ向う姿勢、優れたテクニックは既に披露していたが、メディアはその華奢な身体からか守備への不安視を度々言及した。

乾の守備は本当に不安なのか。今季フランクフルトの左サイドハーフで出場する乾を見る限り不安どころかその守備の実効力に驚いている。

上述のボーフム時代の評に加えて、シーズン前にフェー監督さえも乾を評して、華奢な身体でトレーニングが必要といったような趣旨のことを話していたように思う。

しかし乾の守備を見ていると相手からボールを奪うのは上手い。ボール扱いの上手い選手は1対1で対面したときにボールを奪うのが上手い選手が多いと思う。香川もそうだし、少し前でいうと小野伸二、中村俊輔もそれに該当すると思う。 ただしチームディフェンスということで考えると、前線からのプレッシングにいく場合、コースを限定するためにただパスコースを塞ぐという役割しかできないことも多かったことも事実だ。

ところがである。昨シーズンに比較して明らかに守備の実効力が上がっているのだ。

先日のドルトムント戦を少し振り返りたい。

ドルトムントのDFラインから中盤の選手にボールが出たりSBの選手が乾の守備ゾーンに飛び込んでくると、乾が猛烈な勢いでプレスに行くのだ。その詰め方は相手のボールが届きそうなところ、つまり明らかにコースを切るなんていうものではなくボールを奪いに行く守備なのだ。そしてボールを奪えば魔法をかけるべく鋭いカウンターを仕掛ける。もちろん全てのアクションでボールを奪えるわけではないが、ここまでプレスをかけると相手も後ろを向いてボールを下げる。

また、相手のサイドハーフとサイドバックがコンビネーションで乾のいるサイドを攻略しようとすると、乾は必ず相手サイドハーフかサイドバックのどちらかにしっかり付いていく。乾のサイドから鋭いカウンターを繰り出した後もすばやく自陣に戻り、相手選手についていく。自由にさせない。

ドルトムント戦では、失点につながったクロスの場面では乾が付ききれずにクロスをあげさせてしまったことを悔やまれるが、1試合通してやらせないのは不可能に近いし相手はドルトムントのピスチェックやクーバである。

これだけの守備を実行すると後半足が止まってくるものだ。しかし乾は90分間それをやってのけた。もちろん相手が王者ドルトムントで気持ちの入り方も違ったのであろう。

ゴール前でも3連続ゴールを前の2試合で見せたような形で持ち込もうとして失敗するなど気負いすぎとも取れる場面があったが、それを差し引いても攻撃、守備ともに素晴らしい出来だった。

昨日、対フライブルクを観戦しにいった。週中の試合を挟み多少の疲れがあるのかと思ったがそれでも相手ボールホルダーへのプレスは、ドルトムントで見せたそれと同様に相手に前を向かせないプレスをかけ続けていた。

フェー監督もその守備力も認め始めたのではないだろうか。ドルトムント戦の90分に続き、この日も85分まで乾を使い続けた。

迫力あるプレスからボールを奪い、乾がドリブルで相手陣内に侵入していくシーンは爽快である。今季はそんなシーンが沢山見れそうだ。
スポンサーサイト
プロフィール

nohashi51

Author:nohashi51
大橋直輝:ドイツ・シュツットガルト在住。
2010/2011シーズンより仕事の都合でシュツットガルトへの移住をきっかけにVfBシュツットガルトのファンに。スタジアム内Cannstatter Kurveと呼ばれる席(ゴール裏2階席)から毎試合応援しております。欧州サッカー漬けの日々。
ツイッター:http://twitter.com/#!/nohashi

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FCカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
2858位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
サッカー
465位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。