スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Berlin! Berlin! Wir fahren nach Berlin! DFBポカール決勝に行ってきます。

sakaigotoku

Berlin! Berlin! Wir fahren nach Berlin! (ベルリン!ベルリン!ベルリンに行くぞ!)

DFBポカールの準決勝、フライブルク戦の勝利の後に決勝の地ベルリンを指すこのコールがスタジアムに鳴り響き、以降のリーグ戦においても毎回このコールが聞かれた。

いよいよ6/1(土)の明後日に迫ったDFBポカール決勝 VfBシュツットガルト対バイエルンミュンヘン。相手はブンデスリーガチャンピオンであり、チャンピオンズリーグチャンピオンでもある。

あまりに強過ぎる相手だ。しかし勝ち目が無いわけではない。もし優勝すれば僕が2010年からVfBを応援しはじめてからは最初のタイトルとなる。ということは岡崎、酒井高徳の2人にとっても初タイトルになる。大きな自信になるに違いない。しかも相手はCL覇者のバイエルンである。

2010/2011ポカールは内田、2011/2012ポカールは香川と最近は毎年日本人プレーヤー所属チームがポカールを取っているわけで是非とも続いて欲しい。

僕も幸いなことに決勝のベルリンに行けることになった。楽しみで仕方がない。
スポンサーサイト

1点が遠かった:レアルマドリー準決勝で敗れる

CL madrid vs bvb

チャンピオンズリーグ準決勝。レアルマドリー対ボルシアドルトムント。1stレグを4−1で勝利したドルトムントが有利と見られていたこの試合。マドリーは失点しない前提で3点必要だった。

開始から強烈な圧力でアタックを繰り出し続けながらも得点できなマドリー。残り10分。あちこちで諦めの表情と共に家路につくファンが出始めて数分後。マドリーが1点目を取った。スタジアムが熱狂した。行ける。そして2点目が入った。今すぐにでも3点目が入りそうな勢いとスタジアムの雰囲気はドルトムントが準々決勝でマラガに対して大逆転したときのそれだった。

しかしドルトムントは凌いだ。実力者の底力を見せつけられたものの凌いだ彼らはまた欧州舞台で戦う力を付けたはずだ。

マドリーはまたも準決勝で敗れた。昨年はバイエルン。今年はドルトムント。決勝進出が断たれた瞬間から呆然とピッチを眺め続ける少年の周りにはもう誰もいない。

1点が遠かった。彼はいつまであそこに座り続けたのだろうか。

カナダ戦で活躍した岡崎慎司、酒井高徳のブンデス日本語サイト公式インタビュー映像

昨日のカナダとの親善試合。

1ゴールを決めた岡崎慎司。得点につながったクロスを供給した酒井高徳。

二人のブンデスリーガ日本語ウェブで公式映像がアップされた。

「岡崎慎司インタビュー」
http://www.bundesliga.com/jp/bundesliga-tv/inc/video_flv/interview/0000242196.inc.php

「酒井高徳インタビュー」
http://www.bundesliga.com/jp/bundesliga-tv/inc/video_flv/interview/0000242198.inc.php

二人とも良い表情だな〜と思いました。今シーズン、チーム状況があまり良くない中でも強い意志を持って取り組んでいる両選手。いつなんどきも応援していたいと思います。

ブンデスリーガ第23節試合日程:日本人4人が同時にピッチに立つことになるのか。VfB対FCN

ブンデスリーガ23節の日程です。括弧内は日本時間です。

2月22日(金)
20:30(28:30)
SCフライブルク : フランクフルト  乾貴士(FMM)

2月23日(土)
15:30(23:30)
FCバイエルン : ブレーメン  
シュツットガルト : ニュルンベルク  岡崎慎司(VfB)、酒井高徳(VfB):清武弘嗣(FCN)、金崎夢生(FCN) 
アウクスブルク : ホッフェンハイム  宇佐美貴史(HOF)  
ハノーファー96 : ハンブルガーSV  酒井宏樹(H96)        
マインツ : ヴォルフスブルク  長谷部誠(WOB)  

18:30(26:30)
シャルケ04 : デュッセルドルフ  内田篤人(S04):大前元紀(F95)

2月24日(日)
15:30(23:30)
メンヒェングラッドバッハ : ドルトムント    

17:30(25:30)
フュルト : レバークーゼン  細貝萌(B04)

「注目の試合」

注目の試合はやはりVfBシュツットガルト対FCニュルンベルクでしょう。両チームにそれぞれ二人の日本人が所属しているため、状況によっては4人の日本人が同時にブンデスのピッチに立つやもしれない。

先日ブンデスリーガデビューを果たしたニュルンベルクの金崎夢生も今節も引き続き、ここぞというところで投入されるでしょうし、シュツットガルトの岡崎に関しては先発か交代での出場か読みにくいところがありますが、いずれにしても出場するはず。

もしサプライズがあるとすれば4人同時先発でしょうか。岡崎、清武、酒井高徳は当然先発でもおかしくないですが、先日活躍を見せた金崎を先発起用したとしたら非常に面白い。

楽しみだ。

ブンデスリーガ22節:MVPはドルトムントからマルコロイス。

ブンデスリーガ22節(2013/2/15/-2/17)

キッカー誌採点のMVP及びベスト11です。

Spieler des Tages (MVP):マルコ・ロイス/ドルトムント

Kicker - Elf des Tages (ベスト11): 名前:今季選出回数(所属)

FW:Kießling: 5 (Leverkusen),
MF:Reus: 3 (Dortmund), Götze: 7 (Dortmund), Kruse: 3 (Freiburg),
MF:Makiadi: 2 (Freiburg), Gündogan: 4 (Dortmund)
DF:Günter: 1 (Freiburg), Hummels: 3 (Dortmund), Niedermeier: 1 (Stuttgart), Jung: 3 (Frankfurt)
GK:Hesi: 1 (Fürth)

「MVPとベスト11」

MVPはハットトリックを達成したドルトムントのマルコロイス。今季はリーグで11得点、CLで3得点、ポカールで1点の計15得点だ。これが多いのか少ないのかと論じるのは難しいが、レバンドスキと並んで得点王争い(現在トップはキースリングとマンジュキッチが15得点)をしていてもおかしくない力はある。そして今節のハットトリックで前を走る二人が視界に入ってきたことは確かだ。

ベスト11はドルトムントから4人。フライブルクから3人が選ばれている。

シュツットガルトからはCBのニーダマイヤーが今季初選出。久しぶりの、しかも完封での勝利の立役者として選出に相応しいと思う。

「日本人の採点」

酒井高徳(シュツットガルト)3.5、乾貴士(フランクフルト)3.0、清武弘嗣(ニュルンベルク)4.0、宇佐美貴史(ホッフェンハイム)4.0、酒井宏樹(ハノーファー)3.5、長谷部誠(ヴォルフスブルク)3.5

酒井宏樹が90分フル出場を果たした。長く出場機会を得ることが出来ていなかったわけだが、まずは先発フル出場したことを評価して良いだろう。引き続きの先発出場を期待したい。

採点の対象にはならなかったがニュルンベルクの金崎夢生がブンデスリーガデビュー。切れのあるドリブルを見せた。守備の選手よりも時間の長い短いはあるにせよ交代出場のチャンスはこれからどんどん出て来るはずなので、こちらも期待が大きい。

次節はシュツットガルト対ニュルンベルク。岡崎慎司、酒井高徳、清武弘嗣、金崎夢生の4人が同時にピッチに立つ瞬間があるのか。次節の楽しみのひとつだ。


プロフィール

nohashi51

Author:nohashi51
大橋直輝:ドイツ・シュツットガルト在住。
2010/2011シーズンより仕事の都合でシュツットガルトへの移住をきっかけにVfBシュツットガルトのファンに。スタジアム内Cannstatter Kurveと呼ばれる席(ゴール裏2階席)から毎試合応援しております。欧州サッカー漬けの日々。
ツイッター:http://twitter.com/#!/nohashi

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FCカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
2438位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
サッカー
403位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。